アメフト部

NFLとNCAA footballについてあれこれ

MENU

2019-20年NCAAシーズンWEEK0〜フロリダ対マイアミ〜

 こんにちは。なんだか暑さのピークも過ぎてきました。夜クーラーをつけなくても良い季節になって、秋が近づいてきたなと日に日に実感します。もう少ししたら秋の匂いがしてくるころでしょう。しかし、わたしは11月まで半袖を着ます。結局暑いから。筋トレ民にとっては冬以外はすべて夏。

 

 遂にカレッジフットボールが開幕しました!われわれが待ち望んだフットボールシーズンの幕開けです。WEEK0というのは一足お先にシーズンインしたからです。ほとんどの大学は来週から開幕しますが、数試合だけ今週からはじまることから、WEEK0というわけです。そんなことしのシーズンオープナーはフロリダ対マイアミという激アツマッチアップです。フロリダ、マイアミ、フロリダ州立をまとめてフロリダ3校と呼びます。そのうち2校が激突しました。フロリダはSEC、マイアミとフロリダ州立はACCとカンファレンスこそ違えど、いまでもライバル関係は続いています。そんな2チームの対決に勝手に興奮していました。というわけで、ワニと変な海鳥がマスコットの大学の対決を見ていきましょう。


f:id:amefoot-bu:20190825232213j:image

f:id:amefoot-bu:20190825232218j:image

※両方とも私物です。

フロリダ勝利

www.youtube.com

 カレッジフットボールの開幕戦とあり、両者ともかなり熱のこもった試合となりました。ジョージアからオハイオ州立へジャスティン・フィールズ(Justin Fields)が転校してきたことからロケット鉛筆方式でマイアミへ転校した元オハイオ州立のテイト・マーテル(Tate Martell)は、結局スターティングQBとはなれませんでした。最終的に先発QBとなったのはレッドシャツフレッシュマンのジェイレン・ウィリアムス(Jarren Williams)。マーテルはWRとして生きる道を選んだようですが、試合には出てなかったと思います。

 マイアミはディフェンスが奮起。この試合インターセプトファンブルリカバーにより4ターンオーバーを計上しました。ハードヒットも多くあり、開幕戦のビッグゲームにふさわしい良いプレイの連続でした。対するオフェンスはOLのプロテクションがてんでダメな試合でした。ウィリアムスが持ちすぎる時もありましたが、それでもフロリダに10サックされては辛いものがあります。

 フロリダもオフェンスがダメ。ターンオーバーが多すぎました。ファンブルインターセプトはある程度仕方ないにしてもゴール前のエクスチェンジミスはマズかった。ドライブが長くなるとミスが発生するというお手本のような試合でした。3rd Downの成功率の低さも気になるところ。敵陣に入ってからはギャンブルの連続成功などでなんとか繋いだ時もありましたが、今後SEC制覇を考えるならマイアミに苦戦していてはいけません。それでも最終的にはタレント力で強引に勝った印象です。がんばれフェリペ・フランクス(Felipe Franks)!

 

ピックアッププレイ

 今回は両チームともTDとなったプレイを取り上げます。

まずはフロリダから。この試合最初のTDパスです。

左のバンチフォーメーションから1人モーションを挟んで右へのロケットスクリーンです。

f:id:amefoot-bu:20190825225801p:plain

 これがプレスナップ時のバンチフォーメーション。

f:id:amefoot-bu:20190825225814p:plain

 モーションしました。ところがマイアミは誰もアジャストしません!なぜ!?その結果、あれよあれよとタックルを外しTD。マンカバーだろうがゾーンカバーだろうがこんな風に野放しにしていてはこうなるのは当たり前です。おそらくこれはカバー1なんでしょう。しかし、左のCBはカバー3だと勘違いしています。そのため「俺は違うよ」という感じでパスドロップしています。結局コミュニケーション不足。CBは勘違いしたままでも「そっち行ったよ」と伝えなければなりません。そしたら「あれお前やで」となるはず。それが嫌やったらちゃんとアサインメント覚えろ!

 

 続いてはマイアミが前半終了間際に決めた美しいTDパスです。

f:id:amefoot-bu:20190825231128p:plain

 レシーバーはこんな感じのルート。ディフェンスはフロントにぎゅうぎゅう詰めです。

f:id:amefoot-bu:20190825230855p:plain

 また1人上がってきました。これはブリッツに入ります。このほかいっぱいブリッツに入るので、カバー1となります。

f:id:amefoot-bu:20190825231145p:plain

 しかしブリッツを入れすぎるとこんなに真ん中がポッカリ空きます。7番のLBはあまりに簡単に抜かれたのでこんな有様。FSもフィジカルが弱くタックルできずにTD。こういう場合、マッチアップでも負けていますし、こんなに真ん中が空いてしまうのでパスを通される前にサックするか取られてからすぐにハードヒットでぶちのめす、この2択となります。

f:id:amefoot-bu:20190825231210p:plain

TD Rings!

まとめ

 ついにカレッジが開幕してしまいました。毎度のことながら忙しい秋冬がやってきます。NFLNCAAも観なあかんという寝不足の季節です。流石に全部は見ることができないので、ある程度絞りながら見ていきます。いまですらだいぶ絞ってるけど。