アメフト部

NFLとNCAA footballについてあれこれ

MENU

アメフトを勉強しよう〜アーハート・パーキンスオフェンス〜

 こんにちは。みなさんはテレビゲームってどのくらいの年齢までやってましたか?「バカやろう!40歳でもまだやってるよ」という方もいるかもしれません。わたしは高校生くらいまではやってました。Xbox360フォルツァモータースポーツとマッデン09をやっていたのが最後くらいです。大学生の時にモンハンを友達とやっていた時もありましたが、本格的にゲームしてたのは高校生までかな。最も好きなゲームはバイオハザード2、3と鬼武者シリーズ、ディノクライシス1、2です。カプコンばっかり。しかも操作方法とゲームシステムも同じやつ。カプコンのゲームはロックマンビューティフルジョーなど好きなゲームが多いのですが、ディノクライシスを潰したことはいまだ許していません。なんで3になったら宇宙でゾンビ恐竜と戦わなあかんねん😡 しかもXboxやし。日本で誰がXbox買うねん!

 

 さて、お勉強お勉強♪ めんどくさいなーと思って調べるのほったらかしてました。しかし、ウエストコーストとコリエルオフェンスやったら説明せんわけにはいかんやろ、ということで今回はアーハート・パーキンスオフェンス(Erhardt-Perkins 以下E-P)について。これら3つが現代フットボール3大オフェンスと言われています。エアレイドやメッシュ、ゾーンリードなどもありますが、どちらかというとカレッジの戦法です。NFLでは一部これらの要素を取り入れることはあってもメインではありません。E-Pオフェンスはペイトリオッツなど長期政権を築くチームが使用するシステムであって、これを知らずにNFLのオフェンスを知ったとは言えません。というわけで毎度のことながらネチネチ調べました。では!

f:id:amefoot-bu:20190823000846j:plain

よろしい。憎しみを全身に滾らせるのだ。

レイコールシステム

 E-Pオフェンスはできるだけ簡単にシンプルにしようという目的で開発されたシステムです。ウエストコーストオフェンスの時にプレイコールが長ったらしくて分かりにくいということを説明したと思います。E-Pオフェンスではそんなことはありません。ノーハドルメインでも進められるほど短いのでみなさんも簡単に理解できると思います。

 

F Left 73 Ghost / Tosser

 これだけ。簡単でしょ?例によってひとつずつ説明していきましょう。

F Left

f:id:amefoot-bu:20190822231700p:plain

F Left

 これでフォーメーションを表します。2 by 2のセットでFBが左のワイドアウトに着きます。その内側にY、つまりTEがセット。右側はZとXレシーバーがいます。QBはアンダーセンター。

73

f:id:amefoot-bu:20190822233801p:plain

73 Protection

 これはパスプロテクションのこと。70シリーズのプロテクションで5歩のパスです。3はウィークにアジャストしたスライドプロテクションです。ウィルのブリッツが懸念される場合、このようにウィークサイドにスライドプロテクションします。ブリッツの脅威が無い場合はオーディブルコールによりスライドプロテクションをキャンセルしたりします。ついでにHBはパスコースに出ます。このパスコースに出ることをフレアコントロールと言うそうです。誰かがHBのカバーにつかないといけないのでQBへのラッシュを軽減することからフレアと呼ばれます。軍用機が熱感知ミサイル避けるために煙プシュプシュ炊くやつね。

f:id:amefoot-bu:20190822235155j:plain

これがフレア

Ghost / Tosser

 ここからはほかのオフェンスと違います。左右でそれぞれのルートコンセプトを組み合わせるのがE-Pオフェンスの特徴。Ghostが左のレシーバーのルートコンセプト、Tosserが右のレシーバーのルートコンセプトを表します。ルートコンセプトとは定食みたいなもんです。トンカツ定食にはトンカツとキャベツ、米、みそ汁、漬け物がセットになっているようにゴーストという名前だけでそれぞれどのルートを走るか決まります。

Ghost

f:id:amefoot-bu:20190822233409p:plain

Ghost

 FBがフェードもしくはゴールートを走り、Yが8ヤードアウトします。

Tosser

f:id:amefoot-bu:20190822233849p:plain

Tosser

 こちらはダフルスラント。外のXが3歩でZは1歩のスラントです。

 

f:id:amefoot-bu:20190822234210p:plain

F Left 73 Ghost / Tosser

 これで完成❤️ 左側はいわゆるFloodルートですね。E-Pオフェンスの良いところはオーディブルも簡単なとこ。例えばTosserを別のルートコンセプトに変えたい時は「Tosser Kill Kill, Inc」とか言えば右側はIncのルートコンセプトに切り替わります。Incって言うのは内側がCurl、外側がInルートを走るコンセプト。

 というようにそれぞれ組み合わせを変えるだけで無限にアサインメントは作れます。E-Pシステムはアラバマ大学も使っているシステムです。ビル・ベリチック(Bill Belichick)とニック・セイバン(Nick Saban)は仲良しこよしなので、お互い情報交換しているそうです。

 そのアラバマは昔こんなボードを掲げてノーハドルオフェンスを展開していたことがあります。

f:id:amefoot-bu:20190822130102j:image

 E-Pシステムの発展系としてこれ自体がアサインメントとなっています。選手はこれを見たらどのフォーメーションでどんなブロック、どのプレイまで理解できます。

f:id:amefoot-bu:20190822130232p:image

 ほかにはオレゴンもやってましたし、一時期カレッジではこぞってこんなノーハドルオフェンスが流行っていましたが、全てがE-Pシステムのチームかは知りません。4つ画像がある場合、どれかはダミーの可能性もあります。

 

プレイスタイル

 以前説明したように、現代フットボール3大オフェンスというのは元々プレイコールのシステムでしかありません。しかし、ウエストコーストやコリエルオフェンスは開発したコーチが好んで使用したオフェンス戦術を強く受け継いでいます。一方、E-Pオフェンスはプレイ選択に偏りはありません。むしろチームによってはまったく違うオフェンスです。共通しているのはシンプルなプレイコールで徹底的にディフェンスの嫌がるプレイを選択するということです。E-Pオフェンスを使うチームとして有名なものにトム・ブレイディ(Tom Brady)とビル・ベリチックが率いるペイトリオッツとかつてペイトン・マニング(Peyton Manning)とトニー・ダンジー(Tony Dungy)でリーグを席巻したコルツがあります。マニング時代のコルツはショットガンからノーハドルでテンポ良く攻めるK-Gunオフェンスの一種ですが、プレイコールはE-Pシステムでした。ペイトリオッツもノーハドルを随所で使用するチームです。いずれのチームもディフェンスとのミスマッチをつくりだすことに命を懸けるチームです。マニングとダンジーがいないいま、最先端のE-Pオフェンスを学ぶにはペイトリオッツが最適です。

 長期政権を築いているチームが使っているシステムとあらばどのチームも使えばええやんと思うところですが、リーグ全体でもE-Pシステムを使うチームは少数派です。すぐに結果が欲しいチームとしては慣れ親しんだほかの戦術の方が頭に入りやすいのかもしれません。ほかのオフェンスシステムがそれぞれのルートをプレイコールで明確にするのに対し、E-Pオフェンスではルートコンセプトとして覚えなければなりません。シンプルなルートツリーで覚えてきた選手たちにとってはすっと頭に入らないという人もいるでしょう。

 

E-Pオフェンスの歴史

 始まりは1970年代。当時ペイトリオッツのHCだったチャック・フェアバンクス(Chuck Fairbanks)の下でコーチを務めた2人のコーチ、ロン・アーハート(Ron Erhardt)とレイ・パーキンス(Ray Perkins)が源流です。寒冷地で最大の効率を目指してつくり出されました。覚えやすく、展開しやすい。それでいて多様なフォーメーションからランとショートパスを織り交ぜ、守りにくいことを目的とされました。

 その後、マーティ・ショッテンハイマー(Marty Schottenheimer)やビル・カウワー(Bill Cowher)、ビル・パーセルズ(Bill Parcells)、ビル・ベリチックなどがその系譜としてNFLで活躍しました。ビルばっかり😩 いままでウエストコーストやコリエルオフェンスで紹介したコーチも名将ばかりでした。しかし、E-Pオフェンスを得意とするコーチは長年チームを率いるとびきりの名将揃いです。

 

まとめ

 NFLを含め、現代フットボールではこれまで紹介したこの3つのシステムがオフェンスの根幹にあります。スタッツや選手情報だけでなく、たまにはこういうアカデミックな部分を知るのも良いと思います。今度はディフェンスの戦術についてもそのうち説明しようかな。ディフェンスとなると主に4-3と3-4くらいしか説明しようがありませんが。それにディフェンスはハドルしないチームも多いし。