アメフト部

NFLとNCAA footballについてあれこれ

MENU

こんにちはホール・オブ・フェイムゲーム!

 こんにちは。ついにフットボールが帰ってきました。ハリのない生活、仕事のストレスはこれで解消しましょう。現地1日にホール・オブ・フェイムゲームが開かれました。この日に殿堂入り式典が行われ、プレシーズンの最初の試合ということでプレシーズンの中でも特別な位置づけの試合です。実は現地3日だと勘違いしており、ツイッターを眺めてたら「ええっ!?やってるやん」となって急ぎこのブログを書いた次第です。ついでに慌ててゲームパスも契約しました。戦術予想は忘れずにやりきる予定なので、もうちょっとお待ちを。

 

f:id:amefoot-bu:20190802232859j:plain

この人たちは出ていません。

ブロンコス勝利

www.youtube.com

 ことしのホール・オブ・フェイムゲームブロンコスファルコンズの組み合わせで、試合は14-10でブロンコスが勝利しました。とはいっても所詮はプレシーズンマッチです。両チームともに2軍、3軍選手が生き残りを賭けてアピールに勤しむ、そんないつもどおりのショボい試合でした。キャッチミスや合わせ不足などミスも連発。スピードもとてもNFLとは思えない緩慢な動きで迫力はありません。両チームともに3rd Downで苦戦し、全体的にレベルの低いフットボールでした。まだ、トレーニングキャンプも始まったばかりなので仕方ない。パッと見た感じではスタメンの選手はほとんど見かけなかったので、来週と再来週には少しばかりスタメンの選手も出てくるでしょう。

 

大丈夫か?ドリュー・ロック

 ブロンコスインサイドゾーンとプレイアクション、ショートからミドルレンジのパスを主体的にオフェンスを展開。気になるのはドリュー・ロック(Drew Lock)です。ドラフト2巡指名され、意気揚々と入ってきた割にはお粗末な試合内容でした。プレイアクションでロングを狙った時は放り込みすぎるし、あとは持ちすぎてサックされるシーンが多かったです。持ちすぎるというのは結局パスカバーを読めていないからです。プレスナップからプレイが始まった直後までにLBの下がり方などを見て、状況判断するべきです。「カバー2かな?ほなあいつに投げよ。あっ、カバー3やったわ、ほなあのタイミングでそいつに投げなあかん」とか状況に応じてどこで誰がいつ空くのか理解できなければモタモタするだけです。2軍相手でそれは大丈夫なのか?NFL選手にそんなこと言っても釈迦に説法という感じですけど。「言われんでも分かっとる!それができたら苦労せえへんわ」と怒られそう。ポジティブに考えるなら今後のキャンプと試合を通じて調整する課題が見つかりましたが、なんやかんや癖が直らずそのままNFLからフェードアウトという選手も過去に多くいました。そのほかレシーバーのショボいキャッチミスも多々あったので、今後の練習でWRとしっかりタイミングを合わせなければなりません。

 

光るカート・ベンカート

 ドリュー・ロックとは対照的にファルコンズの3軍QBカート・ベンカート(Kurt Benkert)は活躍しました。外に逃げる難しいルートもバッチリ通してきました。控えメンバー同士でしっかり練習してきた証です。この試合ファルコンズ唯一のTDパスも決め、控えQBとしての序列アップのためにアピールできました。しかし、相手も3軍レベルのディフェンスであることを忘れてはいけません。スタメン相手にこのレベルのプレイができるかは微妙です。

 

ピックアッププレイ

 大したプレイもないので、ブロンコスがこの試合最初のTDを奪ったプレイを紹介します。

www.youtube.com

 単純なインサイドゾーンです。この試合何度となく使った基盤のプレイですが、OLが強かったのでよく出ていました。なぜTDにつながったのか画像を交えながら説明します。

f:id:amefoot-bu:20190802231322j:plain

 エンドゾーンショットが分かりやすい。11パーソネルで右ストロングです。ここから左のインサイドゾーンな訳ですが、次の画像をご覧ください。

f:id:amefoot-bu:20190802231505j:plain

 ディフェンス全体が大きく左に流されています。ゾーンなのでディフェンスも当然プレイサイドのホールを潰しに行きます。しかし横に動きすぎるとこのように流れすぎて真ん中がポッカリ空いてしまいます。このような流れすぎることをオーバーリアクトと言い、ディフェンスがやりがちなミスです。結果、TDとなります。逆にディフェンスはどうすれば良いかと言うとできるだけ縦に動くことが大事です。ゾーンやオープンに走るランプレイではついつい横にパシュートしてしまいがちになるところ。特にウィークサイドのランプレイはタイミングが早いので、余計焦ってしまいます。しかし、それは相手のスピードを見誤っているから起こること。全員が縦にスクリメージラインを押し込むことを意識すれば自然とRBのデイライトを消すことができるのです。われわれのようなアメフト界の底辺でもNFLでも怒られることは一緒。単純に身体能力のレベルが違いすぎるだけで、やるべきことは同じです。

 

まとめ

 まあ、プレシーズン初戦となるとこんなもんでしょう。徐々にトレーニングキャンプも進み、チームの完成度も高まっていきます。やっぱりNFL選手はトップアスリートなだけあって、1ヶ月もすればプレイスピードも段違いです。それだけ短い期間で調整できると言うのは一般人からは想像もできません。レギュラーシーズン開幕まで首を長〜くして待ちましょう。