アメフト部

NFLとNCAA footballについてあれこれ

MENU

カレッジフットボール史上最高のチームを振り返ろう

 こんにちは。ルンバの話をこの前しました。なんだかんだアンドロイドの話になって星新一の小説みたいやな、というオチで終わったやつです。それに関連する話をさせてください。最近、技術の進歩が目覚ましく、「なんか未来やな」と思う製品がいっぱい出てきました。アレクサとかGoogle Home、果ては喋るベンツとBMWの車も売られています。こうなるとよく言われるのが「AIに仕事を奪われる」という話。産業革命から人間は変わっていません。機械がいままでの仕事をやってくれる分、新たな仕事ができるものです。

 それともうひとつ言われるのが「AIは考えることはできない。これからの時代、人間は考える仕事ができないといけない」という話。いまの段階ではAI自ら考えることはできないとされていますが、いずれブレイクスルーが起きて考えるAIが出てきたら、人間はどうなるのでしょう?創作や開発などクリエイティブな仕事までAIが担うようになれば、人間は何をすれば良いのでしょうか?いよいよ働かなくて良い世界がやってくるのでしょうか?「AI時代には自分で考える能力が必要だ」と言った売り文句がそこかしこに見られるようになった一方、果たして本当にそのアドバイスを間に受けて良いのかどうか判断しかねます。恐らくこれからの時代の科学技術はいままででは考えられなかったほどのスピードで進歩し続けると思います。新陳代謝の早い時代になるこれからの世の中、安易に人の言うことを聞いていてはいけないのではないでしょうか?自分で考える力を身に付けたいものです。あっ、売り文句に踊らされてもうた。

Miami Hurricanes

 我ながらキレイなオチがついたと思います😤さて、本題は未来ではなく過去の話。それも久々のカレッジフットボールについて。いまやカレッジフットボールアラバマ大とクレムソン大の黄金期ですが、少し前はマイアミ大の天下でした。それも圧倒的な強さで。黄金期は英語でDynastyと言い、それは過去いくつかの大学が経験しています。その中でも2000年辺りのマイアミは恐ろしいほどのタレントで全米を席巻しました。2001-02シーズンの全米制覇時のタレントたちを見てみましょう。

 

f:id:amefoot-bu:20190612011845j:plain

バンダナが時代を感じるね

 

オールプロ級の選手揃い

 まずはスタメン。

Position Name
QB Ken Dorsey
HB Najeh Davenport
HB Clinton Portis
TE Jeremy Shockey
WR Andre Johnson
WR Daryl Jones
LT Bryant McKinnie
LG Sherko Haji-Rasouli
C Brett Romberg
RG Martin Bibla
RT Joaquin Gonzalez

f:id:amefoot-bu:20190612012206j:plain

クリントン・ポーティス
Position Name
RE Andrew Williams
DT Matt Walters
DT William Joseph
LE Jerome McDougle
OLB D.J. Williams
MLB Jonathan Vilma
OLB Chris Campbell
RCB Mike Rumph
FS Ed Reed
SS James Lewis
LCB Phillip Buchanon

引用:ウィキペディアから

f:id:amefoot-bu:20190612012408j:plain

ジョナサン・ビルマ

 素晴らしいメンツ。名前を見るとハッと気づく人も多いかもしれません。この中のほとんどがNFLでドラフト指名され、その後のプロ生活で大きな成功を修めます。ブライアント・マッキニーとかD.J.ウィリアムスとかおったなーとしみじみ思い出します。いずれも良い選手でした。一方、QBケン・ドーシーはあまり聞き馴染みがないかもしれません。彼は結局NFLでは成功できず、2010年に選手を引退します。しかし、その後はコーチとしての道を歩み、2013年から17年までパンサーズのQBコーチを務めていました。つまりキャム・ニュートン(Cam Newton)の師匠だったわけです。

 

続いてロースター。

 

2001 Miami Hurricanes football team roster
Players Coaches
Offense
Pos. # Name Class
WR 1 Daryl Jones Sr
RB 2 Willis McGahee Fr
RB 4 Najeh Davenport Sr
WR 5 Andre Johnson So
WR 9 Kevin Beard So
QB 11 Ken Dorsey Jr
RB 28 Clinton Portis Jr
RB 32 Frank Gore Fr
RB 34 Jarrett Payton So
T 60 Vernon Carey So
G 65 Martin Bibla Sr
C 66 Brett Romberg Jr
T 73 Joaquin Gonzalez Sr
G 74 Sherko Haji-Rasouli Jr
T 76 Carlos Joseph So
OL 77 Chris Myers Fr
T 78 Bryant McKinnie Sr
TE 81 Kellen Winslow Fr
WR 84 Roscoe Parrish Fr
TE 88 Jeremy Shockey Jr
Defense
Pos. # Name Class
CB 6 Antrel Rolle Fr
CB 8 Mike Rumph Sr
LB 17 D.J. Williams So
FS 20 Ed Reed Sr
DB 25 Alfonso Marshall So
CB 26 Sean Taylor Fr
CB 31 Phillip Buchanon Jr
LB 48 Chris Campbell Sr
LB 49 Darrell McClover So
LB 51 Jonathan Vilma So
LB 54 Alejandro Colon Fr
DE 55 Jamaal Green Jr
DT 56 Santonio Thomas So
DE 91 Matt Walters Jr
DT 75 Vince Wilfork Fr
DT 94 William Joseph Jr
DE 95 Jerome McDougle Jr
DE 99 Andrew Williams Jr
Special teams
Pos. # Name Class
K 16 Todd Sievers Jr
Head coach
Coordinators/assistant coaches

Legend
  • (C) Team captain
  • (S) Suspended
  • (I) Ineligible
  • Injured Injured
  • Redshirt Redshirt

Roster

引用:同じくウィキペディアから

 どうですか、この戦力、選手層。いま見返すとつくづく恐ろしいメンツです。ビンス・ウィルフォークや故ショーン・テイラー、アントレル・ロール、ウィリス・マゲイヒー、ケレン・ウィンズローら後にNFLでオールプロ、プロボウル選手となる男たちが控えです。この時はまだ下級生だったので、控えに回っているものの、彼らを控えにできるほどのスタメンでした。

 

シーズン成績

 当時、マイアミはいまのACCではなくBIG EASTに属していました。このシーズン、マイアミはカンファレンス内外の試合に全勝、11勝で全米王座決定戦であるローズボウルに進みます。そして、決勝の対戦相手ウィスコンシンに37対14で勝利します。

マイアミのシーズン対戦成績はこちら。

Date Time Opponent Rank Site TV Result Attendance
September 1 8:00 PM at Penn State* No. 2 ABC W 33–7 109,313
September 8 4:00 PM Rutgers No. 1 ESPN+ W 61–0 39,804
September 27 7:30 PM at Pittsburgh No. 1 ESPN W 43–21 57,224
October 6 12:00 PM Troy State* No. 1
  • Miami Orange Bowl
  • Miami, FL
ESPN+ W 38–7 36,617
October 13 12:00 PM at No. 13 Florida State* No. 1 ABC W 49–27 82,836
October 25 7:00 PM West Virginia No. 1
  • Miami Orange Bowl
  • Miami, FL
ESPN2 W 45–3 44,411
November 3 12:00 PM Temple No. 1
  • Miami Orange Bowl
  • Miami, FL
ESPN+ W 38–0 31,128
November 10 12:00 PM at Boston College No. 1 ABC W 18–7 44,500
November 17 3:30 PM No. 15 Syracuse No. 2
  • Miami Orange Bowl
  • Miami, FL
ABC W 59–0 52,896
November 24 8:00 PM No. 11 Washington* No. 2
  • Miami Orange Bowl
  • Miami, FL
ABC W 65–7 78,114
December 1 1:00 PM at No. 14 Virginia Tech No. 1 ABC W 26–24 53,662
January 3 8:15 PM vs. No. 4 Nebraska* No. 1 ABC W 37–14 93,781
  • *Non-conference game
  • Rankings from AP Poll released prior to the game
  • All times are in Eastern time

引用:またもウィキペディアから

 余談ですが、当時はいまのようにカレッジフットボールレイオフはありません。そしてプレイオフが始まる前のBCSチャンピオンシップもありませんでした。それまではNew Year's Sixと呼ばれる由緒正しい歴史ある6つのボウルゲームが持ち回りで全米王座決定戦を開いていました。

 ここでハイライト動画。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

戦術

 オフェンスはセットバックのI-フォーメーションを基本としたプロスタイルが基本。と言っても複雑なものは少なく、1st Downと2nd Downはラン、3rd Downが残ればパスという非常に単純明快なスキーム。ディフェンスも同様に4-3 Cover 2をベースとしたシンプルなディフェンスが持ち味。シンプルこそ最強を体現したチームです。このレベルのフットボールでそれを実現するためには、とてつもないほどマンパワーが求められますが、当時のマイアミは難なくこなすタレント揃い。いまも昔も豊富なタレントと選手層がものをいうのは同じということを教えてくれます。何より驚きなのはこのチームを率いたラリー・コーカーHCが新任1年目だったということです。シンプルな戦術が功を奏したのでしょう。フィジカルでタフなチームづくりがいかに大事かよく分かります。

 セットバックやら4-3が分からない方はわたしの過去記事を参考にしてください。

www.american-football-club.com

www.american-football-club.com

www.american-football-club.com

www.american-football-club.com

 

ドラフト指名

 この時在籍した選手たちは同じ年ではないものの数年に渡ってNFLドラフトを席巻します。1巡指名された選手は2002年で5人、03年で4人、04年で6人とまさにプロ予備校のような大学でした。 

Player Position Round Pick Year NFL Team
Alfonso Marshall Defensive Back 7 215 2004 Chicago Bears
Andre Johnson Wide Receiver 1 3 2003 Houston Texans
Andrew Williams Defensive Line 3 89 2003 San Francisco 49ers
Antrel Rolle Defensive Back 1 8 2005 Arizona Cardinals
Bryant McKinnie Tackle 1 7 2002 Minnesota Vikings
Carlos Joseph Tackle 7 254 2004 San Diego Chargers
Chris Myers Guard 6 200 2005 Denver Broncos
Clinton Portis Running Back 2 51 2002 Denver Broncos
D. J. Williams Linebacker 1 18 2004 Denver Broncos
Darrell McClover Linebacker 7 213 2004 New York Jets
Daryl Jones Wide Receiver 7 226 2002 New York Giants
Ed Reed Defensive Back 1 24 2002 Baltimore Ravens
Frank Gore Running Back 3 65 2005 San Francisco 49ers
Jamaal Green Defensive Line 4 131 2003 Philadelphia Eagles
James Lewis Defensive Back 6 183 2002 Indianapolis Colts
Jeremy Shockey Tight End 1 14 2002 New York Giants
Jerome McDougle Defensive Line 1 15 2003 Philadelphia Eagles
Joaquin Gonzalez Tackle 7 227 2002 Cleveland Browns
Jonathan Vilma Linebacker 1 12 2004 New York Jets
Kellen Winslow II Tight End 1 6 2004 Cleveland Browns
Kelly Jennings Defensive Back 1 31 2006 Seattle Seahawks
Ken Dorsey Quarterback 7 241 2003 San Francisco 49ers
Leon Williams Linebacker 4 110 2006 Cleveland Browns
Marcus Maxey Defensive Back 5 154 2006 Kansas City Chiefs
Martin Bibla Guard 4 116 2002 Atlanta Falcons
Matt Walters Defensive Line 5 150 2003 New York Jets
Mike Rumph Defensive Back 1 27 2002 San Francisco 49ers
Najeh Davenport Running Back 4 135 2002 Green Bay Packers
Orien Harris Defensive Line 4 133 2006 Pittsburgh Steelers
Phillip Buchanon Defensive Back 1 17 2002 Oakland Raiders
Rashad Butler Tackle 3 89 2006 Carolina Panthers
Rocky McIntosh Linebacker 2 35 2006 Washington Redskins
Roscoe Parrish Wide Receiver 2 55 2005 Buffalo Bills
Sean Taylor Defensive Back 1 5 2004 Washington Redskins
Vernon Carey Tackle 1 19 2004 Miami Dolphins
Vince Wilfork Defensive Line 1 21 2004 New England Patriots
William Joseph Defensive Line 1 25 2003 New York Giants
Willis McGahee Running Back 1 23 2003 Buffalo Bills

引用:またまたウィキペディアから

 

まとめ

 ウィキペディアからの引用ばかりですみません。当時のマイアミはいまでも史上最高の大学と評価されることも多いチームで、恐らくいまのアラバマやクレムソンよりもタレントは豊富です。アラバマ出身の選手は意外とプロ入り後数年でしぼんでしまうのに対し、マイアミ出身の選手はプロ入り後も圧倒的な存在感を示しました。わたしもこのマイアミに勝るチームはいまのところないと思います。みなさんにもお気に入りの時代、チームがあれば教えてください。