アメフト部

NFLとNCAA footballについてあれこれ

MENU

アメフトを勉強しよう〜オフェンスのポジションとフォーメーション〜

 こんにちは。ドラフトも終わり、特に書くことがなくなってきた今日この頃。経験者らしいことは何も書いていないような気がしてきました。そこで今回は「アメフトを勉強しよう」ということでアメフトの基礎知識をお教えします。基本的なルールはどこでも説明されているので省略します。初回はオフェンスのポジションとフォーメーションについて紹介します。ポジションやフォーメーションは時が経つとともに変化しています。古くさいものからモダンなものまで、私の復習も兼ねて説明していきます。

 

オフェンスのポジション

 

f:id:amefoot-bu:20190503031546p:plain

Pro I

 上の図をご覧ください。三角はディフェンスなので今は無視してください。丸で表しているのがオフェンスです。四角はC(センター)です。プレーは彼のスナップから始まります。彼の両脇に構えるのがG(ガード)、その外側がOT(オフェンシブタックル)、右のOTの外側にいるのがTE(タイトエンド)と言います。彼ら6人がOL(オフェンシブライン)というユニットです。TEを除いて誰一人としてパスをキャッチすることは許されません。ミスや反則を取られた時だけ大写しにされる哀しきポジションです。しかし、OLが強くなければゲームには勝てません。彼らのブロックにより、オフェンスのプレイは成功するのです。TEはブロックもパスキャッチもこなす万能プレイヤーです。

 続いてスキルポジションに移ります。フィールドの両端にいるのがWR(ワイドレシーバー)です。主にパスキャッチが主な仕事ですが、一応ランではブロックもします。WRとTEは左から順番にX、Y、Zとも呼ばれます。Y Sharrow Crossとかいうパスルートがありますが、メインのクロスルートを走るのがYであるTEなのでそういう名前がついているのです。センターの後ろにいるのがQB(クオーターバック)です。パス投げたりRB(ランニングバック)にボール渡したり仕事は多いですが、1番お給料が高いポジションです。その後ろにFB(フルバック)がいますが、このポジションは現在では絶滅危惧種です。後ろのRBのリードブロッカーとなるほか、パスキャッチもしますが、いまの時代これらすべてTEで代用可能というのが主流。そしてその後ろに位置するポジションがRBです。この場合1番後ろにセットしているので、TB(テールバック)と呼ばれます。そのほか、位置によってHB(ハーフバック)とも呼ばれます。まあ、それは別にどうでもいいので、単にRBで大丈夫です。

 

オフェンスのフォーメーション

f:id:amefoot-bu:20190503031546p:plain

Pro I

 さて、ポジションはこのくらいにしてフォーメーションですが、先ほどの図はプロI(アイ)と一般的に呼ばれています。これは最も基本的ですが、現在NFLNCAAで見ることはまずありません。かなり古典的なフォーメーションで、いまはほとんど使われていません。しかし、アメフトを始める際、最初に知るフォーメーションだと思います。

 Cが持っているボールから横一直線に引いた線をLOS(ラインオブスクリメージ)と言います(日本ではスクリメージライン)。オフェンスはこのライン上に7人並んでいなければなりません。TEと逆側のWR(左のWR)がいますが、これをSE(スプリットエンド)とも言います。つまり、スクリメージラインの両端に来るポジションはなんちゃらエンドとなります。これで7人並んでいることになり、イリーガルフォーメーションという反則にはなりません。また、SEはスクリメージラインに並んでいることから広義のOLに含まれます。後の4人はスクリメージラインより後ろであれば配置は自由です。

 

f:id:amefoot-bu:20190503042333p:plain

Jumbo

 上の図はジャンボと言い、ゴール前や3rdダウン、4thダウンショートの場面で見ることが多いです。OLをとことん増やし、ブロッカーとして使います。当然ディフェンスはランを警戒しますが、ここからのプレイアクションも注意しなければなりません。

f:id:amefoot-bu:20190503042316p:plain

Double Wing

 こちらは今風のフォーメーション。ダブルウィングだとかエースだとか呼び方はチームによって違います。両サイドに2人ずついるフォーメーションは単に2 by 2と呼ぶこともあります。大事なのはメンツと並び方だけなので、左右の人数構成が同じならディフェンスの守り方はそう変わりません。4人のWRのうち数人はTEになったりします。先ほどとは逆にフィールドを広く使うことで、ディフェンスを散らします。パスはフィールドを縦横に広く使ってなんぼです。レシーバーを増やして能力の低いDB(ディフェンシブバック)やTEとLB(ラインバッカー)のミスマッチを狙うことでパスの成功率があがります。

 

f:id:amefoot-bu:20190503080041p:plain

Trips

 こちらはトリップス。人数構成で考えるなら単に3 by 1で問題ありません。

f:id:amefoot-bu:20190503080510p:plain

Bunch

 今度はバンチと言います。右サイドのWRが固まっています。パスの際、レシーバーがクロスするルートを走ることにより、ディフェンス同士をぶつけてフリーになる選手を生み出すことを目的によく使われます。

 

バックフィールドのフォーメーション

f:id:amefoot-bu:20190503042316p:plain

Shotgun

 先ほどと同じ図ですが、QBがCから離れています。これはショットガンと言い、Cからのスナップを受けた段階で、フィールドを見渡すことができます。大学ではよく使われるフォーメーションです。逆にCの真後ろにQBがついているフォーメーションはセットバックと言います。NFLでは従来、セットバックが主流でしたが、最近のパスオフェンス全盛の流れを汲んでショットガンを使用する割合も増えています。

f:id:amefoot-bu:20190503043212p:plain

Pistol

 こちらはピストル。オプションなどのプレイでよく使われます。

 

まとめ

 図を作るなんて慣れない作業なので疲れました。MacBook Proをフル活用しようとしたら、Macにはペイントアプリがないことを初めて知りました。そして、プレビューというアプリで画像編集できることも初めて知りました。しばらくほったらかすと編集できなくなるのはなんででしょう?図形を移動できず、結局イチから作ったのがダブルウィングから先の図です。三角の大きさがちょっと変わっています。

 フォーメーションはほかにもいっぱいありますが、見まくってると覚えてきます。まずはアメフトに日常生活が支配されるくらい見てください。次回はディフェンスのポジションとフォーメーションについて解説します。