アメフト部

NFLとNCAA footballについてあれこれ

MENU

スカウティングコンバイントップ記録集

f:id:amefoot-bu:20190309213111j:plain

ボールはハサミどり ※ホントはダメな取り方


 

 コンバインは終わりましたが、まだまだこのネタをこすり続けます。今回はコンバインの各種目の最高記録を紹介します。カッコ内はポジションと大学。

 

40ヤード走

f:id:amefoot-bu:20190309213413j:plain

ゼドリック・ウッズ
  1. ゼドリック・ウッズ(S ミシシッピ大学) 4.29
  2. ジャメル・ディーン(CB オーバーン大学) 4.30
  3. パリス・キャンベル(WR オハイオ州立大学) 4.31
  4. アンディ・イザベラ(WR マサチューセッツ大学) 4.31
  5. ミコール・ハードマン(WR ジョージア大学) 4.33
  6. D.K.メトカーフ(WR ミシシッピ大学) 4.33

同タイムの選手がいたので上位6人を紹介しました。なんと我がミシシッピ大から2人も食い込んでいます。しかし、再三言っているように40ヤードのタイムはそこまであてになりません。実際、ことしのミシシッピ大はディフェンスがすこぶる弱く、ザルのように相手オフェンスのプレーを通していました。こう見るとやはり、オフェンスとディフェンスともにパスチームに脚が早い選手が集中しています。このほか、4.40未満のタイムを記録した選手は全員WRかDBです。ここ10年ほどの記録でもクリス・ジョンソン(元タイタンズ)とドリ・アーチャー(元スティーラーズ)のRB2人を除けば同じです。ちなみにビリはスタンフォード大学のOLネイト・ハービッグで、タイムは5.41。それでもリッチ・アイゼン(6.00)より速い。

 

ベンチプレス

f:id:amefoot-bu:20190309213258j:plain

イオスア・オペタ
  1. イオスア・オペタ(OL ウェバー州立大学) 39回
  2. デクスター・ローレンス(DL クレムソン大学) 36回
  3. アルバート・ハギンズ(DL クレムソン大学) 35回
  4. アレックス・バーンズ(RB カンザス州立大学) 34回
  5. ギャレット・ブラッドベリー (OL ノースカロライナ州立大学) 34回

 パワー系の種目はやはりおデブちゃん達が有利です。その中で1人気を吐くRB、彼はウエイトルームの主なんでしょう。ちなみにここ10年の最高記録はスティーブン・パエアが2011年に49回を記録しています。一般人の腕立てくらいの感覚なんでしょうか?

 

垂直跳び

f:id:amefoot-bu:20190309213250j:plain

フアン・ソーンヒル
  1. フアン・ソーンヒル(S バージニア大学) 44インチ
  2. マイルズ・ボイキン(WR ノートルダム大学) 43.5インチ
  3. エマニュエル・ホール(WR ミズーリ大学) 43.5インチ
  4. ケン・ウェブスター(CB ミシシッピ大学) 43インチ
  5. マーベル・テル(S 南カリフォルニア大学) 42インチ

 ヤードポンド法なので分かりにくいと思いますが、1インチは2.54センチです。つまりトップのソーンヒルは112センチほど跳んでいることになります。ウィキペディアによると日本の野球選手の平均が65.5センチとのことですが、ここまで差が開くものなのでしょうか?測定方法に違いがあるのかもしれません。ここ10年の最高記録はクリス・コンリーとドナルドワシントンが記録した45インチです。センチに直すと114センチほどです。

 

立ち幅跳び

f:id:amefoot-bu:20190309213306j:plain

エマニュエル・ホール
  1. エマニュエル・ホール(WR ミズーリ大学) 11フィート9インチ
  2. フアン・ソーンヒル(S バージニア大学) 11フィート9インチ
  3. マイルズ・ボイキン(WR ノートルダム大学) 11フィート8インチ
  4. マーベル・テル(S 南カリフォルニア大学) 11フィート4インチ
  5. コーリー・バレンティン(CB ワシントン大学) 11フィート3インチ
  6. パリス・キャンベル(WR オハイオ州立大学) 11フィート3インチ
  7. ダリアス・スレイトン(WR オーバーン大学) 11フィート3インチ

 タイ記録が多かったので、疲れました。1フィートは30.48センチなので、1位のホールは3.6メートル助走なしで跳ぶことができます。ほぼ🦜。ちなみにフィートという単位は日本語で足のことです。すなわち、昔から欧米人は足がデカい。メンツは垂直跳びと変わり映えせずWRとDBばかり。やはりボールの競り合いにはバネが必要なのでしょう。これまた、ここ10年の最高記録を見ると、バイロン・ジョーンズの12フィート3インチです。3.7メートル以上!?中学生の走り幅跳びくらい!有名な話ですがハンマー投げ室伏広治氏は3.6メートル跳びます。もし室伏氏がアメフトやってたら、日本人初のNFL選手になれたかも。

 

次はプロデイ

 コンバインネタはもう擦りません。ドラフトに向けて選手のアピールはラストスパートに入ります。これからはプロデイの時期に入ります。